広島市広島駅徒歩5分の産後骨盤矯正・猫背矯正なら

松鶴堂鍼灸院 産後の骨盤矯正部門

〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

受付時間
10:00~19:00(電話受付は17:00まで)
※年中無休
アクセス
広島駅新幹線口から徒歩5分

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-264-7724

 
 
マタニティーブルーズ(産後のうつ・産後クライシス)について

産後のこのようなお悩みの方が来られています。

・出産後の気分の浮き沈みが激しい

・何もかも投げ出したくなる

・赤ちゃんの泣き声を聞くのが苦痛

・眠りが非常に浅くなって気分が悪い

・涙が止まらなくなる

・好きなことでも興味がなくなってきた

以前からこのような症状はあったのでしょうが、最近になってマタニティブルー、マタニティブルーズという言葉を聞く機会が増えたのではないでしょうか?。もともと、マタニティブルーは妊娠中の気分の落ち込みのことをいってきました。そしてマタニティブルーズは産後1週間くらいまでにおこる気持ちの落ち込みのことで、妊娠中か産後かで呼び方を変えております。たいていは一時的なものですが、悪い条件が重なることで長期化していく可能性もありますので本院だけでなく家族の方も知っておく必要があると思います。

赤ちゃんが生まれてうれしいはずなのに、わけもなく気持ちが落ち込んでしまうのがマタニティブルーズです。もともとは産後1週間までにおこる一時的な心の問題で、病的でなく誰にでもある生理的なものになります。妊娠中に多く分泌されていたホルモンが産後に減少することによってそれが精神面に影響を与えてでるのですが、1週間で体の中の恒常性の働きにより通常の状態にもどりそれによって精神面も自然に回復する流れとなります。ですがお母さんの状態が悪い方ほど回復することもなく、産後うつへとつながっていきます。原因ははっきりわかっていませんが、元々心の悩みを持っていた方、体質的に弱い方、まじめで頑張ってしまう方、そういうかたがおちいりやすい状態とも言えます。

育児中のおかあさんは頑張りすぎる傾向があります。ご家族の協力が少ない方ほど頑張らないといけないという精神負担は強くなり症状が悪化することが多いので、まずは誰でもいいので相談できる相手を見つけておくことが大事だし、緊急時には助けてもらえるかたをあらかじめ探しておくこともおすすめしております。産後1か月は里帰りして子育てする方も多いですがこれはおすすめですね。一人で何でもしてしまう方は注意かなと思います。

また、これは余談にもなりますが、産後うつになって旦那さんのことが急に嫌になり、顔も見たくない声も聞きたくないくらいまで悪化して離婚にまで至ることを産後クライシスと呼んだりします。はじめはホルモンバランスが問題であって、本心ではない場合もあることから、まずは別居したりとか、旦那さんが我慢したりして乗り越えていくのも大事かもしれません。そんなことまで引き起こすかもしれない産後うつは早期に治療したほうがいい症状とも言えます。

 

産後におこるメンタル異常について

 
産後うつの増加について

妊娠から出産にかけては、およそ10か月以上の長い道のりにかけておこなわれていきます、その期間のお母さんの身体の中では自分自身だけでなく胎児への栄養も必要ですからいつもよりも、体内では目まぐるしい状態だと想像できます。特にホルモンに関しては、出産時に一気に上昇し、その後はゆっくり下降することがわかっています。ですので生理的なマタニティーブルーズという産後の不調は誰にでも起こることでしょう。ですが、元々が精神的な問題を抱えている方や、薬を常用していた方や、体調など不安定さが続くことで産後うつにまで進行していくことになります。ホルモンのバランスは正常に戻っても、元々の脳内の神経伝達物質のバランスは乱れたままなのだと思います。コロナ禍の今、なかなか人と会えず、孤独感が増えていく中で産後うつは減ることはないのではと感じております。

 

 
 
まずは心や体の異変に気付く事

先ほど説明した通り、産後のお母さんの身体の中ではこれだけの急激な変化が起きているにもかかわらず、本人はなかなかその変化には気づきにくいといいます。特にまじめな方ほど、普段から自分の意見を出すことは少なく、周りの様子を観察してはそれにあわせて行動する方や、自分の意見は我慢をする傾向があります。そのような性格ゆえ、日頃の蓄積した感情は、免疫ががった時や、睡眠不足の時などに噴き出しやすいものです。自分では気づかないうちに、一気に病が進行することも多く、いかに自分を含めて家族が気づいてあげれるかが大事になります。

また体調を崩しての初期であれば適切な処置をしていくことで早期に回復できるものと思います。ゆっくりと話を聞いてあげたり、栄養や休息が取れる環境を作ってあげたり、首肩こりをじっくりと緩めたり、温泉などでじっくり温めてリラックスしたりすることで、その多くは短期的に回復することがほとんどです。

 

 

 
産後うつの治療について

東洋医学的に原因は2つ考えられます。1つめとしては元々身体が弱い方、仕事など忙しくて食事や睡眠などが乱れ不摂生だった方、これらの場合は自分だけのことで精いっぱいになっていて、胎児のことまでの栄養などが足りない場合があります。だからといって、もちろん胎児にもいきわたらなければならないので、お母さんも弱り、胎児も弱い、2人ともエネルギー不足になります。また、生まれてからも胎児には栄養を与えていかなければなりません。母乳としてどんどんすいとられていくことで、最終的には自分の分は追いつかなくなり、様々な不調がでてくることがあります。産後の肥立ちが悪いという表現をする場合もあります。

2つ目はストレスでしょう。自分のことができない、赤ちゃんがなかなか寝てくれないし夜泣きがひどい、旦那の協力は少ない、自分の両親にも手伝ってもらえない、親友ともなかなか会えない、などなどでストレスが溜まってしまい爆発することで、気分が落ち込み鬱になるケースです。

身体から来たとしても、心から来たとしても、最終的には鬱になることになります。両方の原因が重なっているケースもあります。まずはそこから解決していき、治療と同時に日常生活の習慣も正していくことで間違いなく今よりも回復してきますので相談してほしいと思っています。

 

産後うつの鍼灸治療の料金表

産後うつの鍼灸治療(初回)(60分)            8,000円
産後うつの鍼灸治療(2回目以降)(~50分)       6,000円
指名料(担当制も含む)                 500円

※平日17時以降、土日祝は500円が加算されます。

※3か月以上来院がなかった場合は再診料500円が加算されます。

※担当が誰でもいいという方は、指名無し、とご予約の時にお知らせください。

 

産後うつの鍼灸治療の流れ

施術メニューの流れをご紹介します。

お問合せ

電話やLINEでのお問合せ

当院は完全予約制です。まずは電話かLINEで希望曜日、時間帯などをお知らせください。初回は10時から17時開始までのどこかでお願いします。スタッフ紹介などを見て指名などがありましたらお知らせいただくか、予約の際に要望や症状を教えていただくことでこちらからあなたに合った先生を決めさせていただきます。

例えば、

・女性の先生がいい

・実績のある院長がいい

・優しい鍼がいい

・多少痛くても我慢できる

・自分に合った先生でしてほしい

などなど、多くの要望があると思いますので、ぜひお聞かせください。

 

10分前のご来院をお願いいたします

初めてですので迷うことが考えられます。早めに向かうようにお願いします。当院は多忙にて、遅刻をすると次の患者さんの予定が狂ってしまいます。カルテ記入もありますので、ぜひ10分前来院をお願いいたします。迷われましたらお早めにお電話で確認していただければ誘導いたします。

2回目以降はギリギリでも大丈夫です。

 

問診・カウンセリング

カルテ記入が終わりましたら、問診を始めていきます。

こちらから体の状態を聞いていきますので、いろいろとご相談ください。悩みや質問がありましたら是非お聞かせください。施術の参考にもさせていただきます。

例えば、痛くないようにしてほしいとか、使い捨ての鍼を確認したいとか、付き添いの方に横でいてほしいなど。なんでもいいのでまずは不安解消をしてほしいと思っています。

 

鍼灸治療の開始

あなたのからだや症状に合わせた鍼灸をおこなっていきます。感じ方は人それぞれです。我慢できる範囲で受けるというのが理想ですが、初めてですから無理していきなり刺激を強くすることはありません。まれに、いろいろ鍼灸に行っている方は担当の一番得意な技でしっかりとした刺激のある治療も可能ですが、まずは慣れていただきたいので、初回に関しては弱めの刺激が基本となります。必要な方にはすいだまもおこないます。

ぜひ安心してお受けください。

 

治療後の説明、次回予約について

身体をみさせていただいたあとに、それぞれの患者さんにあった養生指導を何点かご指導いたします。

食事・睡眠・運動入浴の3つを基本にしながら、なるべくわかりやすく説明します。回復に従ってさらなる指導をおこなったり、逆に患者さんのほうからこれはどうですか?などと聞いてくれることが望ましいです。それによってどれだけ理解しているかもわかったりします。

最後にどのように通ったらいいのかの助言もさせていただきますが、基本はまずは3回です。私の鍼治療との相性を感じてほしいのです。いわれたから来たのではなく、よくなると実感したから来てほしいのです。それが私が治すのでなく、自分から自分で治る力へとつながっていきます。

良くなっていく流れもその方や症状によって変わります。すぐに良くなっていくものや、よくなったり戻ったり繰り返す方、一度悪くなってからよくなるかたなど、ありますので、不安にならずにそのながれを感じながら様子を見てください。

そして改善してきたら、まだそのままで通ってもよし、3回で終了も可能です。

 

産後ケアの鍼灸治療を利用された方の声

【不妊治療】【安産治療】【産後ケア】におすすめです!

抜け毛・産後の不調の産後ケアコース(担当 院長)

私はこちらのお店に通い始めて数か月で妊娠(しかも希望していた男の子)し、出産も破水から数時間という安産でした。おかげさまで子供は元気に育っています。

お店に通い始めたきっかけは、初めての妊娠&流産を経験し、そのショックととにかく子供が欲しい!との思いで心身ともにまいっていたからです。

治療では身体をしっかり診てくださるので、安心して通うことができました。

また自宅でできるお灸や足湯などを教えていただき、私の願いがかなうために最大限のことをしていただけたと、本当に感謝しております。

産後は全く私自身の身体をケアすることなく過ごしてきましたが、抜け毛が目に余る状態になりましたので、またこちらにお世話になることにしました。

すると、慢性冷え症だけでなく、胃腸が弱っているなど他の身体の不調をズバリと当てていただき、さすが!と思いました。先生から色々と身体の状態の説明を聞かせてもらったおかげで、なんとなく感じていた不調の原因がわかって本当に納得しました。

また暫くお世話になることになりますが、今後とも宜しくお願いいたします!

 

 

今回は産後うつに関して説明しましたが、うつ病は産後だけにでる症状ではありません。ですが出産・産後における急激なホルモンの上昇と下降によって、元々うつ病体質の方に火がついて発症したのかなと感じております。

産後でなったのはきっかけであって元々なりやすい状態にはあったということです。ですので産後の育児に問題があったのではとか、自分を責めたりとか、さらに頑張りすぎたりなどはしないようにしてほしいのです。

病気だと思うことで気持ちは楽になるかと思います。

 

はじめは小さな症状として身体がサインを出していきます。これに自分や周りが気づくことができるのか?

ここがポイントです。お母さんは自分の子供のことが気になるでしょう。お父さんも仕事の影響などで気づくことができない状態にあるかもしれません。かかりつけ医とか私たち鍼灸師に相談することで早く気付けるかもしれないので、日ごろから体をみてもらえてたり、相談できるところが必要です。

 

特に薬を飲むことに抵抗がある方ほど、もっと自分の身体の声を聴くようにしておくことをお勧めします。1日に1回はふりかえってみたり、瞑想をすることで、あれ?もしかしたらおかしいかもと気づくこともあるので、自分の時間を持つことも大事になります。

 

早ければ多くの場合は3回くらいの鍼灸治療と、日常生活の養生指導で改善できるものと思います。

 

 

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

上記をクリックしてまずはお友達登録をお願いしております。タイムラインでは空き情報を載せております。2回目以降のご予約は担当の間違えを防ぐためにと、緊急時に連絡が取れやすいので、LINEでの予約をお願いしております。
 

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
082-264-7724
受付時間
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)
定休日
年中無休

当院が初めての方は上記のフォームからのご予約がおすすめです。2回目以降はLINE登録していただきご連絡いただくとスムーズなご案内が可能です。

お問合せはお気軽に

お電話のお問合せ・相談予約

082-264-7724

<受付時間>
10:00~19:00
(電話受付は17:00まで)
※年中無休

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

松鶴堂鍼灸院

住所

〒732-0052
広島県広島市東区光町1丁目11-5
チサンマンション306

アクセス

広島駅新幹線口から徒歩5分

受付時間

10:00~19:00
(電話受付は17:00まで)

定休日

年中無休